東川産のこだわりのお米

北海道で唯一水道水を使わなくても生活できる東川町 ななつぼし、ほしのゆめ、ゆめぴりか、東川さんが最も人気なのはなんといってもお水です。 東川町は、普通の民家でも水道水を使わず、ポンプ、いわゆる井戸水で生活しています。北海道といえぞ、すべての民家が井戸水で生活できるのは東川だけといわれています。


東川産ななつぼし

粘りが強く食味がよい北海道で生まれた輝くお米 北海道空知管内長沼町にある北海道立中央農業試験場で育種され「空育163号」として 2001年に北海道の奨励品種として採用された、北海道産の良食味米です。 特徴は粘りが強くて食味が良いといわれており、又冷めても美味しい上質のお米です。 収量性はやや高いです。 「ななつぼし」の名前の由来は北海道では空気がきれいな為、ななつぼし(北斗七星)がきらきら輝いて見える。 このようなクリーンな北海道で生まれたきらきら輝く美しいお米をイメージし北斗七星のように輝いてほしい との思いを込めて命名されました。 北海道米として、平成13年に奨励品種とされました。

東川産ほしのゆめ

型くずれしにくいお米
清涼な気候の中で育ったしっかりとした米粒です。炒飯など高温な料理でも型くずれしにくく、 しっかりした食感が残ります。おにぎりやお寿司、炊き込みご飯に適したお米です。

丼物にあうお米
色々なお米がある中でも、大変丼物に合うお米です。 タレのしみこみ方が違い、しっかりと奥まで染み込み、とにかくうまみを引きただせるお米です。 平成8年に北海道種苗審議会にて奨励品種に認定され、 「きらら397」と「道北48号」と「あきたこまち」によりうまれ、平成9年に耐冷性に改良された品種です。

東川産ゆめぴりか

北海道米の新たなブランドゆめぴりか 「ゆめぴりか」は、「さらにおいしい北海道米をつくろう」という目的で研究開発された、待望の新品種。 そのおいしさについては、「他のお米と比べてどうかではなく、まったく新しい品種として味わってほしい」というのが、開発者側の素直な気持ちです。 具体的なポイントを挙げると、味を左右するアミロースが低く、粘りがあること(アミロースが低いほど粘りがある)。 低いほどやわらかいとされるタンパク質も比較的低く、炊きあがりがやわらかく、つやがあること。 さらに、粒が厚いという特徴が、高い収量性につながっていることから、北海道米の将来を担うエースとして、期待されています。 「ゆめぴりか」は、そのおいしさでこれまでの北海道米を超えるお米。収量性にもすぐれ、将来が大きく期待される新品種です。

▲トップへ戻る