お米の豆知識


1.ご飯(お茶碗一杯)に含まれる栄養成分

エネルギー
222Kcal
体や体の組織を動かす
糖質
47.6g
炭水化物に含まれるエネルギー源
たんぱく質
3.9g
血や肉、細胞等の体の基本を作る
脂質
0.75g
脂肪に含まれるエネルギー源
ビタミンB1
0.05mg
体の調子を整え、夏バテを防止する
ビタミンB2
0.02mg
体の調子を整え、美肌をつくる
ビタミンE
0.3mg
体内の細胞や血管の若さを保つ
カルシウム
3mg
骨や歯をじょうぶにする
0.15mg
血液のもと。不足すると貧血に
マグネシウム
6mg
肩こりや動脈硬化を防ぐ
ナトリウム
3mg
不足すると食欲不振に
亜鉛
810μg
皮膚の再生を助ける
食物繊維
0.6g
便秘やガン、成人病を防ぐ



2.ゴハンデ健康ダイエット!

朝食抜きは太りやすい体質に!

朝食を食べないと体はエネルギーを節約するよう働き、よりエネルギーを吸収しやすくなるのでかえって「太りやすい体質」になってしまうということ、ご存知ですか? そこで、日本の朝食の定番、「ごはんと味噌汁」。ご飯だけでは足りない栄養素も味噌の主原料、大豆が補ってくれるこの黄金コンビは、まさに朝食にはぴったりなのです。

食べ過ぎ、間食にサヨナラ!!

 ごはんは、食後に脂肪を体内に蓄えようとするホルモン分泌が少なく、エネルギーをどんどん放射します。 そして消化吸収がゆっくり行われるので満腹感が持続する為、間食を減らすのに効果大。 また、しっかり噛んで食べれば、少ない量でも満腹感が感じられるので、食べ過ぎ予防にもなって、一石二鳥ですね。

パンより低カロリーなごはん

お茶碗一杯分のカロリーは、食パン一杯分より低カロリー。たいてい食パンは、さらにバターやジャムを塗って食べることがほとんどなので、その分をプラスすると、主食だけで多くのカロリーを占めてしまいます。 ごはんを中心にする和食なら、バランスよく品数を増やせるので、ダイエットには最適といえるでしょう。

バランスよく、が大事

ダイエットは、単に食事の量を減らすことばかり考え偏ってしまいがちですが、大事なのはバランス。よく考えて献立を組み立てれば、品数が多くても、カロリーを抑えることも可能です。 その点ごはんが主食なら、それ自体たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富でバランスが良い上、いろいろなおかずにも合うので、無理なく食事が楽しめるのです。

3.知ってて得するお米のチェックポイント

Check
原因
対策
パサつく
浸漬時間が少ない加減が少ない
60分以上の浸漬をしましょう重量による水加減が望ましいでしょう
ベタベタする
くだけた米、ヒビ割れた米が多い
洗米時間は3分以内にしましょう
しんがある
むらしが少ない炊飯器のフタが開いている
15~20分の適切な蒸らしをしましょうフタ等の確認をしましょう
つやがない
浸漬水の温度が高い
40℃以下で浸漬をしましょう
ダンゴになる
蒸らし時間が長い
15~20分の適切な蒸らしをしましょう
異臭がする
米びつ付近に灯油・ワックスが置いてある
近くに臭いの強いものを置かないよう気を付けましょう

4.めざましごはん

朝9時までの朝食にごはん!今日、一日のスタートです。

朝は食欲がなかったり、時間的な余裕がなかったりして朝食を抜いていませんか? 私たちの体は、眠っている間も体内のエネルギーを使い続けるために、朝起きた時にはエネルギー不足になっており、睡眠中は体温が1度も下がるため脳の活動も低下しています。 朝は体にエネルギーを与え、休んでいた脳を活発にするため、朝食はなくてはならない食事なのです。 朝食は、体温を上げて、脳や体をウォームアップし、午前中の仕事や勉強などの活動の集中力を高めるための食事です。
▲トップへ戻る